抜け毛が増えて薄毛になる原因

 

抜け毛が増えてしまう原因は様々ですが、最も頭皮に悪影響を与えるのが不規則な食生活です。

油ものや肉類を食べ過ぎると抜け毛が増えて薄毛になりやすいと言われています。

髪の毛を健康な状態に維持するためには、良質なタンパク質やミネラル、ビタミン類が欠かせないのです。

まず、髪の毛はタンパク質で出来ています。

そのタンパク質を頭皮まで運ぶための燃料として糖分が、代謝を補助するオイルとしてミネラルやビタミンが必要となります。

他には亜鉛も抜け毛を減らす上で重要な栄養素の一つです。

亜鉛は細胞分裂を活性化させる役割を持ち、髪の毛の成長を助けたり、毛を太く丈夫にしてくれます。

逆に亜鉛が不足すると毛が細くなり、切れ毛や抜け毛が増えてしまう原因にもなります。

抜け毛が気になる場合は、油ものや肉類の量を減らし、タンパク質やミネラル、ビタミンといった栄養素が豊富な食材を積極的に食べるようにしましょう。

野菜が苦手な人はジュースにして飲んだり、サプリメントで服用する方法もあります。

また、女性よりも男性の方が薄毛になりやすい原因は、男性ホルモンにあると言われています。

男性ホルモンのテストステロンの影響を受け、髪の毛の成長が阻害されたり、抜け毛が増えてしまうのです。

この男性ホルモンは遺伝するため、両親や親戚に薄毛の人がいる場合は、その影響を受けやすい傾向にあるようです。

遺伝による薄毛を防ぐことは難しいですが、男性ホルモンの過剰分泌による薄毛は対策することが可能です。

男性ホルモンの分泌量が増加すると皮脂の分泌も増えるため、頭皮がギトギトになります。

この状態を放置していると毛穴に汚れや油が詰まり、抜け毛が増えてしまうのです。

1日1回きちんと頭皮を洗浄して清潔な状態を保つことで、皮脂を効率よく減らすことができます。

これにより抜け毛の発生を予防し、薄毛のリスクも減少させることができるでしょう。

市販の洗浄剤は刺激が強めなので、しっかりと洗い流すことを意識してください。

強く擦りすぎず、優しくマッサージを行いように洗うのがポイントです。

薄毛の原因を特定して早めに対策を講じることで、髪の毛を常に健康な状態に保てるはずです。

 

紫外線から頭皮を守って美髪を維持する!

 

髪は「女の命」とよく言われますが、女性なら誰でも、いつまでも美しい髪を維持して若々しく美しく見られたいと願うのではないでしょうか。

そのためにいろいろなヘアケアを施していますが、中には、薄毛や多量の抜け毛のお悩みを抱えている女性もいらっしゃいます。

女性の薄毛や抜け毛などのトラブルの原因は、さまざまなことが挙げられますが、頭皮環境が大きく関わっているので、紫外線から頭皮を守るということも大切です。

紫外線と言えば肌の大敵で、UVカットや日焼け止めなどを使用して肌を守ることは、少しでも美意識のある女性ならもはや常識として認識されています。

ですが、髪にとっても紫外線が大きくダメージ与えるということはあまり知られていないようです。

まず、髪の構造を見てみると、キューティクルが一番外側にきていることが分かります。

つまり、髪が紫外線に当たる場合、真っ先にキューティクルが紫外線を受け止めるのですが、残念ながらキュ-ティクルの層では紫外線をブロックすることはできません。

そのため紫外線は、髪の本体であるケラチン繊維にまで届いてしまいます。

実は、紫外線が髪の内部にまで届いてしまっても、髪にはメラニン色素があるため、さほどダメージにはならないと言われています。

しかし、危険な紫外線ですから、何らかの影響はあると思いますので、紫外線を浴びないように髪を守ることに越したことはありません。

問題なのは、髪より頭皮です。

頭皮は肌ですので、顔の肌と同じく紫外線によって光老化を起こし、ダメージを蓄積してしまいます。

紫外線を浴びることによって頭皮は乾燥しがちになります。

すると、肌の角質が厚くゴワゴワになって毛穴を塞いでしまう恐れがあり、また、薄毛や抜け毛に関係していると言われている活性酸素も多量に発生するようになります。

こうしたことから頭皮環境が悪化して、血行が悪くなり、その結果、髪を育てるために必要な酸素や栄養素が毛根の奥の毛母細胞や毛乳頭まで届かなくなってしまい、休止期に入る髪が増えるというわけです。

特に頭皮は髪に守られているため、注意がいきにくく疎かになりがちですが、逆に頭頂部の分け目は、最も日焼けしやすいところなので十分な注意が必要です。

美髪を維持するために、顔の肌と同じように頭皮も紫外線ケアをしっかりと行いましょう。