男性と女性とでは薄毛の原因は違う

 

どうしても薄毛や抜け毛などの髪のトラブルは、男性ばかりと思いがちですが、近年は、髪の悩みを抱える若い女性が増えています。

しかし、一口に薄毛と言っても、男性と女性とでは薄毛の原因や症状は違います。

男性の薄毛は、AGAと呼ばれる男性型脱毛症というタイプがほとんどを占めています。

この男性型脱毛症は、テストステロンという男性ホルモンが毛根の中の毛乳頭部分で、Ⅱ型5αリダクターゼという酵素と結び付くと、ジヒドロテストステロンという物質が生成され、このジヒドロテストステロンが、髪を作り、成長させる役割をしている毛母細胞の働きを抑制することが原因です。

一方、女性は、夜更かしを続けて慢性的な睡眠不足状態や無理なダイエットによる栄養の偏り、ストレス、間違ったヘアケアなど、日頃の生活習慣の中にさまざまな原因が潜んでいます。

しかし、原因をどれか一つに特定することは難しく、さまざまな要因が絡み合って髪のトラブルにつながります。

また、薄毛の進行パターンも、男性は、額の生え際から後退したり、頭頂部から薄くなったり、その両方だったりします。

それに対して、女性の場合は、男性のようにある特定の部位から薄くなるのではなく、頭髪全体が平均的に薄くなり、徐々に、髪の分け目が透けてみえるようになるというパターンです。

これらの改善対策として、男性型脱毛症は、男性ホルモンが深くかかわっているので遺伝的な要素が強く、以前は、治療は難しいとされていました。

実際、男性型脱毛症の人が市販されている育毛剤を試しても、なかなか効果を得られなくて、治療を諦めてしまうという人は少なくありませんでした。

ですが、現在は、髪についての研究がかなり進み、医学的に男性型脱毛症の効果が認められた塗り薬成分のミノキシジルが登場し、このミノキシジルを配合した育毛剤によって、かなり改善効果を期待できるようになりました。

こうした男性型脱毛症とは逆に、女性の薄毛は、まずは、規則正しい生活習慣を身に付け、そして、清潔で血行のよい頭皮環境を維持できれば、比較的、改善しやすいといわれています。

しかし、育毛剤を使用するする時は、その育毛剤に配合されている成分をしっかりチェックしなければなりません。

花蘭咲

いくら薄毛改善に効果的な成分が含まれていても、頭皮にダメージを与えて、頭皮環境を悪化させてしまうような成分が含まれていては、育毛どころか、逆に、薄毛、抜け毛を促進することになります。

育毛剤だけでなく、洗髪に使うシャンプー剤なども、使用前に、しっかり成分チェックを行いましょう。