痩せられないと嘆く女性は・・・

 

現在は、テレビやインターネットなどでいろいろなダイエット法が紹介され、本屋さんを覗いてみれば数多くのダイエット本が平積みされていたり、棚に並べられていたりします。

しかし、これらのダイエット法を実践しても、なかなか思うように痩せられず、「どうしてこんなに努力しているのに痩せられない・・・」という嘆き声があちこちから聞こえてくるようです。

ダイエットは努力すれば、必ず痩せるというものではありませんし、間違った手法のダイエットを行えば、痩せられないだけでなく体調まで崩してしまいます。

世の中に数多く氾濫しているダイエット法の中には、ウソやまやかし、どう考えても物理的、科学的に絶対ありえないというインチキなダイエット法も多く存在していますので注意が必要です。

また、ダイエットを始めようとしている人たちの中で、多くの人が持っている間違ったダイエット認識は「食べなければ痩せられる・・・」ということです。

確かに、極端に摂取量を抑えて数日間過ごせば体重は落ちてきます。

しかし、それは、食欲を我慢できる間だけのこと。

一生、食事を我慢することはできないので、せっかく体重が減っても、前の食事量に戻した途端に、あっという間にリバウンドで激太りして、結局は前の体重より増えるという悲しい結果になってしまいます。

しかも、食事制限で落ちた分は体脂肪より筋肉のほうが多く、また、リバウンドで戻った分は全て脂肪になりますので、体をどんどん基礎代謝量が低下して太りやすい体に変わり、前よりもリバウンドしやすくなり、これからのダイエットがとても難しいという状況になってしまいます。

ダイエットの基本中の基本は、1日あたりの総消費カロリーが摂取カロリーを上回るという赤字収支の生活スタイルを作ること。

ですが、無理な食事制限で摂取量を少なくして赤字収支にしても、なかなか痩せることはできません。

残念ながら、人間の体はそんなに単純ではないのです。

それよりも、基礎代謝量を高めて1日あたりの総消費カロリーを高めることがダイエットには有効です。

この基礎代謝は、一般的な人なら、1日あたりの総消費カロリーの約60~70%にもなります。

しかも、基礎代謝は、寝ている時や横になって何もしていなくても、常に消費されています。

これだけ高い消費率の基礎代謝を高めれば、自然と1日あたりの消費カロリーがアップして、痩せやすい体に変わり、これからのダイエットも楽でスムーズに行えるようになります。

健康的で確実に痩せたいと願うなら、まずは、基礎代謝量を高めることを考えましょう。

 

 

40歳を過ぎると突然シミが表れる・・・

 

40歳を過ぎた頃から「突然、薄茶色や茶褐色のシミが目立ち始めた・・・」というお悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。

これらのシミは、ある日突然できますが、その最大の原因は、紫外線によるダメージです。

しかし、前日に浴びた紫外線ではなく、若い頃から長年にわたってジワジワと浴び続けた紫外線が積み重なり、あるレベルに達した時に、シミとして表れます。

また、シミにはさまざまな種類があります。

最も一般的なのが、紫外線の影響を受けて加齢とともにできる「老人性色素斑」です。

その他には、ニキビや傷などが炎症した後にできる「炎症性色素沈着」。

遺伝的な要素が強く、鼻を中心に小さく散らばってできる「雀卵斑」(そばかす)。

女性ホルモンのバランスが崩れることが原因でできる「肝斑」などがあります。

それぞれのシミが発生する原因は違いますので、まずは、自分のシミの種類を見極め、原因を確認してから、それに合ったスキンケアが必要です。

そんな中でも、女性のお悩みで最も多いシミは老人性色素斑なので、日頃から、しっかりと紫外線対策を行っていれば予防することができます。

いつまでも美肌を維持したいと願う女性なら、紫外線対策は当たり前のことだと思いますが、紫外線はシミを作るだけでなく、肌内部の真皮まで到達するとコラーゲンを変性、劣化させて肌の弾力性を奪い、シワやたるみを作り、老化を促進する活性酸素も多量に生み出すことになります。

これだけ老化をもたらし、美肌の大敵とされる紫外線ですが、この紫外線を浴びると肌内部でメラニン色素が作られます。

通常は、このメラニン色素が作られても、ターンオーバーとともに排泄されますが、紫外線を浴び続けて過剰にメラニン色素が作られるとターンオーバーでは処理できず、シミとなって肌に残ります。

多くの女性がシミを消そうと、美白化粧品を使うと思いますが、できてしまったシミは美白化粧品で消すことはできません。

やはり、紫外線を浴びないことが最大の防御になります。

ちょっとした外出の時でも、日焼け止めを塗り、帽子をかぶったり、日傘を使うなどして、しっかりとした紫外線対策を行いましょう。