男性と女性とでは薄毛の原因は違う

 

どうしても薄毛や抜け毛などの髪のトラブルは、男性ばかりと思いがちですが、近年は、髪の悩みを抱える若い女性が増えています。

しかし、一口に薄毛と言っても、男性と女性とでは薄毛の原因や症状は違います。

男性の薄毛は、AGAと呼ばれる男性型脱毛症というタイプがほとんどを占めています。

この男性型脱毛症は、テストステロンという男性ホルモンが毛根の中の毛乳頭部分で、Ⅱ型5αリダクターゼという酵素と結び付くと、ジヒドロテストステロンという物質が生成され、このジヒドロテストステロンが、髪を作り、成長させる役割をしている毛母細胞の働きを抑制することが原因です。

一方、女性は、夜更かしを続けて慢性的な睡眠不足状態や無理なダイエットによる栄養の偏り、ストレス、間違ったヘアケアなど、日頃の生活習慣の中にさまざまな原因が潜んでいます。

しかし、原因をどれか一つに特定することは難しく、さまざまな要因が絡み合って髪のトラブルにつながります。

また、薄毛の進行パターンも、男性は、額の生え際から後退したり、頭頂部から薄くなったり、その両方だったりします。

それに対して、女性の場合は、男性のようにある特定の部位から薄くなるのではなく、頭髪全体が平均的に薄くなり、徐々に、髪の分け目が透けてみえるようになるというパターンです。

これらの改善対策として、男性型脱毛症は、男性ホルモンが深くかかわっているので遺伝的な要素が強く、以前は、治療は難しいとされていました。

実際、男性型脱毛症の人が市販されている育毛剤を試しても、なかなか効果を得られなくて、治療を諦めてしまうという人は少なくありませんでした。

ですが、現在は、髪についての研究がかなり進み、医学的に男性型脱毛症の効果が認められた塗り薬成分のミノキシジルが登場し、このミノキシジルを配合した育毛剤によって、かなり改善効果を期待できるようになりました。

こうした男性型脱毛症とは逆に、女性の薄毛は、まずは、規則正しい生活習慣を身に付け、そして、清潔で血行のよい頭皮環境を維持できれば、比較的、改善しやすいといわれています。

しかし、育毛剤を使用するする時は、その育毛剤に配合されている成分をしっかりチェックしなければなりません。

花蘭咲

いくら薄毛改善に効果的な成分が含まれていても、頭皮にダメージを与えて、頭皮環境を悪化させてしまうような成分が含まれていては、育毛どころか、逆に、薄毛、抜け毛を促進することになります。

育毛剤だけでなく、洗髪に使うシャンプー剤なども、使用前に、しっかり成分チェックを行いましょう。

 

 

 

敏感肌の原因は何でしょうか?

 

敏感肌の人は、健康的な肌と比べて何が違うのでしょうか。

健康的な肌の人は、どんなことをしても決して肌荒れや、湿疹、かゆみなどに悩まされることはありません。

しかし、敏感肌の人は、化粧水に含まれるアルコールでかぶれたり、髪の毛や衣類が触れるなど、ちょっとした刺激によって赤くなったり、かゆくなったりと、直ぐ肌に何らかの症状が表れます。

このような症状が表れる要因としては、まず、肌への刺激が挙げられます。

例えば、春になると花粉が飛び始めます。

その花粉が肌や顔中に付くことによって、かゆみやアレルギーを引き起こします。

そして、顔中がかゆくなるため、顔を掻いてしまいますが、これがさらに症状を悪化させてしまいます。

掻くことによって、顔中が赤くなり、そして、爪で傷つけてしまうと、そこからさまざまな感染症を引き起こす恐れがあります。

その他の要因としては、自分の体質に合わない化粧品を使用していることも挙げられます。

化粧品はさまざまな物質によって作られているため、自分の体に合わないものも当然含まれているという場合もあります。

自分の体質には、何が合わないのかをしっかりと知ったうえで、化粧品選びをする必要があります。

このように敏感肌の女性は、ただスキンケアを行うにしても、かなり気を使わなければなりません。

そんな敏感肌になる大きな原因は、生まれながらの肌質によるものもありますが、間違ったスキンケアによって自分から敏感肌を招いているというケースも少なくないようです。

洗顔やクレンジングのやり過ぎ、肌にダメージを与える化粧品を使うなどの間違ったスキンケアは、角層のバリヤ機能を壊してしまい、その結果、外部からの刺激を受けやすくなり、肌が敏感に傾いてしまいます。

こうした場合は、バリヤ機能の低下から角質層での水分維持ができなくなって乾燥肌に陥っています。

今までのスキンケアを見直して、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が配合された美容液で、しっかりと保湿し、乾燥肌を改善してバリヤ機能の働きを回復させましょう。

また、夜更かしして睡眠不足が続いたり、無理なダイエットのために栄養が偏ったりすると、肌の抵抗力が低下して敏感になってしまうので普段の生活習慣にも注意が必要です。

正しいスキンケアで乾燥肌を改善できれば、自然と敏感ではなくなります。

また、生まれながらの敏感肌の人は、低刺激の化粧品を選び、あまり多くの種類は使わず、シンプルなものにしましょう。